2017/01/20

ペルーより。

体をあたためるアルパカニット PEUNTE展1月いっぱい開催中です。
連日あたたかさをもとめにいらして下さって、ありがとうございます。

現在PUENTEの落合さんは、ペルーとボリビアのつくり手の村々をまわっていらっしゃいます。
今日は落合さんが送って下さった現地の写真をご紹介しますね。
こちらはペルーのショールの作り手の村。標高4500Mほど。プエンテの商品は、タグに全てつくり手のサインが入っています。なので、何人かの方のお名前はききおぼえがあるのですが、中でも、ここに登場するクリストバルさんのことは、自分が愛用している巻きスカートを織っている方なので、会いたかった方に会えたような気持ち!なんだか感動です。
あちらは現在雨季なんだそうですが、写真では雪?も所々残っているようにみえますね。



雨が降った後でぬかるんでいたので、車で進めるところまで車で行き、残り30分ぐらいは徒歩になりました。ゆっくり歩いたのでそのくらいかかったかと。
4500Mで思わず登山でした。途中、野性のウサギのようなものがいっぱいいました。
しっぽがくるんと丸まっていてかわいいのです。
行きは下りでなんとかなりましたので私が豊をおぶって歩きましたが、帰りは登りで、やはり重力に逆らって歩くのは大変だったので、途中からつくり手のクリストバル(ショール、マフラーを織っている)に豊を背負ってもらって歩きました。
帰り道に小雨が降り始めましたが、何とか車に戻るまで、本降りにならずにすんで助かりました!(落合さん談)










 ここはクリストバルの父親たちの家で、クリストバル含め子供たちは順番にこの家にも住んでアルパカの放牧を分担しているようです。クリストバルの家はもっと遠いところにあるということでした。
クリストバルはララケリ村というもう少し大きな村にも家を持っていて、そこで織りの作業はするそうです。
放牧をするために山奥の山奥に住む家と、子供たちを学校に行かせたりするために、村にも家を持つというスタイルがこの地域ではよくあることらしいです。
水曜日に大地の神様にアルパカを飼わせてもらっていることを感謝するお祭りを親戚で集まってするのだと言っていました。
そのタイミングで行けたらベストでしたが、、、  (落合さん談)



今日もアルパカのセーターを着ています。
クリストバルさんの織った巻きスカート、巻いた瞬間からあたたかいの。
ほんとうにありがとう!!


落合さん、ペルーを出て今はボリビアにいらっしゃる様子です。
ボリビアではどんな日々を送っているのでしょうか。
落合さんの行動力、実行力を心から尊敬しています。
そして感謝しています。
こちらはおかげさまで大寒の今日もあたたかく過ごしていますよー!


2017/01/08

PUENTE展 体をあたためるアルパカのニット

あたらしい年のはじまりは冬の定番PUENTEさんから。
きのうはにぎやかな幕開けとなりましたが、今日はあいにくの空模様。
明日の成人式は、晴れ着が映える青空になりますように。
表のマンション建設のため、現在臨時駐車場を用意していますが、土を入れたばかりで雨があがってもしばらくはぬかるんでいるとおもわれます。お車はなるべく店の前、今まで通りのコンクリート部分に駐車してください。狭くて駐車しにくく、申し訳ありません。












新作カシュクールカーディガン。
同系色で合わせるのがおしゃれでしたよ。

新色の白のロングニットコート。
暗くなりがちな冬のコート、ぱっと明るく素敵です。


実はPUENTEの落合さん、今は地球の裏側ペルーのプーノに滞在中。残念ながら今回は在店はできないのだけれど、昨日元気そうなメールをいただいて、遠く離れたペルーで過ごす落合さんのぶんもこの展示会でより多くの方にプエンテの魅力をお伝えしたいなぁ、とおもったのでありました。
1月いっぱいPUENTE展はつづきます。(水曜日はおやすみです。)
みなさまのお越しをお待ちしております。

2016/12/24

年末年始の営業について。

今日はクリスマスイブ。
みなさま、どのような時間をおすごしでしょうか。
子どもたちの成長とともに、クリスマスよりはお正月が気がかりな今日この頃です。
仁城さんの展示を無事に終え、2016年のイベントも後は恒例30日の餅つきを残すのみ。
年末に向けて、ちょっと崩れかけている体調を整えつつ、新しい年を迎える準備をしようと思います。

年内は29日まで。年明けは1月7日よりオープンです。
30日、お餅つきに興味のある方はどうぞ覗きにいらして下さい!(29日夕方、30日は店内のものをみていただける状態ではない場合もあると思います。。帰省の方、ご旅行予定のみなさま、申し訳ありません。)

年明け7日より、PUENTE展 体をあたためるアルパカニット の展示を開きます。
今年はあたたかい日が多いですが、やわらかなアルパカを身に付けていると、ほっこり気持ちがいいです。
靴下から毛糸のパンツ、レギンスまで、インナー類も充実のラインナップです。ぜひお気に入りをみつけにいらして下さい。



PUENTE展 体をあたためるアルパカのニット

2017.1.7(土)〜1.31(火)


PUENTEのニットは、保温性が高くやわらかなアルパカの毛糸を使用し、遠くボリビアとペルーでつくられています。
そのすべてが手編みや手織り。
丁寧な手仕事とやさしい風合いが魅力です。靴下、長さや厚みが選べるレッグウォーマーにレギンスと、足下からあたためてくれるアイテムが充実しているのもうれしい。
ロングコート、カーディガン、セーター、ワンピース、巻きスカートや帽子、手袋などの定番にあわせ、新作の手紡ぎ手織りのショールとマフラー、カシュクールベスト、真っ白靴下もおすすめです。
あたらしい年のはじまり、心やわらぐアルパカのぬくもりとともにお待ちしております。




2016/12/11

仁城義勝 逸景 木の器展

12月10日より、今年最後の展示会がはじまっています。
今年で7回目となる仁城さんの展示。私自身が心底惚れ込んでいますので、年々愛用してくださる方が増えていること、すこしずつ買い足すことを楽しんでいただけていること、どちらもが心底うれしいのです。使い勝手のよさをやや力説しすぎて反省することもしばしば。。ついつい力が入ってしまうことをお許しください。

初日、今日と足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました。






えみおわす展でも販売した、海の子かぞくの海藻も販売しています。
志摩半島産の天日干しのひじき、あらめ、わかめ、めひび、あおさ。どれも栄養満点です。

あしたから少しお天気が崩れるようですが、20日まで会期は続きます。
まだまだ見応えがありますので、ゆっくりと実際に手に取って選んでいただけるとうれしいです。
今週末から最終日まで(17、18、19、20日)逸景さんがいらっしゃいます。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

2016/11/25

12月は仁城さん。

いつものことながら、瞬く間に12月がやってきますね。
2016年もとうとう最後の展示のお知らせです。

毎回仁城さんのDMには食べ物を入れるようにしています。
ちょっと緊張感をゆるめたいというか、漆だから、みたいにあまり気負って欲しくないからです。
仁城さんは木地師。木を削って器をつくり、漆は補強のために3回重ねます。つくりはいたってシンプル、ゆえに使いよい。
ハレとケ、でいうと、ケの器なのです。
ハレの日の食卓にももちろん登場しますけれど、ね。

さて今年はなににしようかなー。

寒い季節のあたたかいみそ汁。
秋の新米。栗ごはん。
焼きたての卵焼き。
自家製ぬか漬け。
やっぱりおにぎり。
バターがとけはじめたトースト。
キャロットケーキ。
大福。
いろいろ考えたけど今年のべストは上用饅頭。

仁城義勝 逸景 木の器展
2016.12.10(土)〜12.20(火)




心に残っている仁城さんのことば。
道々の落ち葉のように、器も暮らしの中で当たり前のようにそこにあって欲しい。
ひとつでも、たくさんでも、うるさくないものをつくりたい。

寒い朝のあたたかいみそ汁にはじまり、仁城さんの器は日々の食卓に欠かせない。
家族の食卓、ひとりの食卓、大勢で囲む食卓。
そこに当たり前のように並ぶ木の器。



2016/11/17

11月17日。

11月もまん中を過ぎてしまいました。
賑やかにはじまったHouse.マスミツケンタロウ展も終り、静かな店に戻りました。
いつものごとく、展示が終わって数日してからのお礼となりますが、お越し下さったみなさま、ありがとうございました。

今年のマスミツケンタロウワールドもまた楽しかった!!
マスミツさんのつくるかたちには毎回惹かれっぱなしです。迷いのないフォルム、すぱっと気持ちよさを感じます。
それでいてその格好よさのなかに愛らしい一面が垣間みられたり。。
愛しいものを飾ったり、身につけると日々が豊かになりますよね。
飾る、彩る。というテーマがぴったりだったなと感じています。
好きなものがあるということは幸せ。
そういうものや人に囲まれて今があることに感謝の気持ちでいっぱいです。



あたらしいサボもいいけれど、履き込まれてくたくたになったサボも超格好いい。
上はマスミツさんのもの、下はハウス好きのお客さまの愛用品。すごくいい!!


2016/11/04

飾る、彩る。Hause.マスミツケンタロウ展

はじまりました。
とてもたのしい空間になっております。
11.3(木)- 11.13(日)11:00〜18:00
みなさまのお越しをお待ちしております。