2017/02/20

えみおわすの春もの。

えみおわすの春の服が届いています。
えみおわすさんのブログでは、素敵な写真とともに詳しく紹介しています。→笑坐版店
オーガニックのスーピマ綿カットソー S M


えりぐり小さめで細身ですが、脇の縫い目もなく、着心地は抜群です。
しばらくはセーターやシャツのインナーとして、あたたかくなれば、一枚でも重宝しそうです。

ホワイトヤクウール20%オーガニックコットン80%セーター S M
今まであった定番セーター グレイの色違いです。

カットソーの上に着てもらいました。春にいい色!白いヤクの毛は希少なんだそうです。

衿シャツは上質なリネン。S M
さらっと気持ちがいい素材です。

定番のワークパンツ、こちらは新作の帆布地。S M
今までの生地よりも気持ち軽めで一年通して履けそうです。

こちらもワークパンツ、人気のデニム地です。S M L
「ジーパンは普段はかないの。」という方にこそおすすめしたいパンツです。
ついつい毎日はいちゃうのです。

ちょっとボケていますが、、、こちらがカレンシャツの黄色です。
生成、藍、赤、黄、紫の5色あります。サイズはS M

並ぶもので季節を感じる。春ですね。



お騒がせしていました表の工事もほぼ完了しました。車も今まで通り6、7台は止められそうです。
これから春に向けて植物を植えたり、すっきりぴかぴか、表の地面だけがやけに立派になってしおまったので、壁くらいはペンキも塗り直したりしようかな、と思っています。
今週末からはmade in west展!春のうきうきを探しに、ぜひいらして下さいね。




2017/02/16

2月はmade in west.展。

きのう今日と本当にあたたかいですね。
春を感じる陽気に誘われて、野辺を散策したい気持ちが高まります。まだつくしは早いかしら?

マンション建設に伴う、店のおもての舗装工事もほぼ完了しました。きれいにコンクリートで舗装され、つるつるです。
車も以前のようにとめられるようになりました。
マンション建設の方は、今日からあたらなスタートといった様子で、敷地をぐるりと囲う塀を建てる作業に入りました。
ここからはどんどん工事が進みそうです。大きな工事で、特にお車でいらっしゃるみなさまには、駐車しずらく、ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、かわらずお店を開けておりますので、どうぞのぞきにいらして下さい。
お待ちしております。
あらよっとバレンタインデーも終りまして、2月も後半。
25日土曜日からは去年ご好評いただきましたmade in west.の展示を開きます。


made in west 展

2017.2.25(土)〜3.20(月)-水曜日定休-


関西の企業とクリエイターがいっしょになって取り組む、あたらしいモノづくりのカタチ。「made in west」。
関西は日本を代表するモノづくりの発信地。他にマネのできない、独創的で高い技術を使って、画期的な製品を数多く生み出してきました。大量生産ではないけれど、元気で丁寧でこだわりのある製品づくり。そんな関西の企業とクリエイター、両者が同じ立場で、それぞれの強みを活かし、いろいろなジャンルのオリジナルプロダクツを開発していきます。
「ひらめいたらやってみる」という、関西独特の方法とクリエイターの感性を繋ぎ合わせるデザイン。
made in westは、企業ブランディングやコラボレーションといった枠組を超えた、モノづくりのプロセスを変えるあたらしい試みです。 http://made-in-west.jp/

定番として取り扱っている靴下はもちろん、オーガニックコットンのホールガーメント(無縫製)ニット(写真左)、イエティザックの新色など、春にうれしいアイテムが揃います。




2017/02/06

いわもとあきこさんのさき織りバッグと外回りの工事について。

今日も風が強い一日です。ですが、日に日に朝がくるのが早くなり、夕方も明るくなって、、。
あと少し、もうちょっとで春。少しでも気配を感じれば、寒いのも我慢できます。
寒いと言えば!
2017年最初の展示会となりましたPUENTE展、たくさんのみなさまにお越しいただき、ありがとうございました。
世の中はセール!セール!大セール!!だというのに、真っ当価格のニシニシに足を運んでいただけたことに心から感謝しております。プエンテのものづくりがいかに真っ当であるか、ということをみなさんがちゃんと知って下さっているということなんだと思います。本当に本当にありがとうございました。
私は今回、ずっと欲しかったショートパンツを買いました。いわゆる毛糸のパンツです。これが大、大ヒット!!超いいの。
体の芯があたためられていることが実感できて、なんだか調子がいいのです。カイロいらず、素晴らしい!冷えは万病のもとというけれど、体が冷えていると、元気も出ませんもの。プエンテの落合さんが元気な訳は、やっぱりアルパカにありなんですね。私も、もっと体温を上げて落合さんのように活動的になりたいものです。
見た目も実用性も両方兼ね備えたPUENTEのニット。冬の定番があるって幸せです!!

無事にPUENTE展が終了したのと同時に、隣接して建設されるマンションの関連工事として、ニシニシの表の工事がはじまっています。今はこんな感じ。。。



コンクリートを全部剥がし終え、ゆみこガーデンもねむの木と山ぶどうを残し撤去。
大きな半円形の看板は道路側に移動させてもらいました。これからコンクリートで舗装してぴしっと真っすぐな駐車場が完成する予定です。春にはねむや山ぶどうの新芽が芽吹き、いい感じになる、はずです。はい。
しばらくはこんな感じで、ただせさえ入りにくい店が、より入りにくい店、になっておりますが、写真の左側に臨時駐車場も用意してくださっていますので、ぜひ遊びにいらして下さい。
こんなに素敵な、いわもとあきこさんの裂き織りバッグとファンシーな小物も届いていま
すよ!

でっかいサーカス。

うさぎちゃん。

我らのアイドル、おもち♡のエコバッグ
 

こっちのエコバッグはポンポン付いてますよ。

パカパカポーチ。






2017/01/20

ペルーより。

体をあたためるアルパカニット PEUNTE展1月いっぱい開催中です。
連日あたたかさをもとめにいらして下さって、ありがとうございます。

現在PUENTEの落合さんは、ペルーとボリビアのつくり手の村々をまわっていらっしゃいます。
今日は落合さんが送って下さった現地の写真をご紹介しますね。
こちらはペルーのショールの作り手の村。標高4500Mほど。プエンテの商品は、タグに全てつくり手のサインが入っています。なので、何人かの方のお名前はききおぼえがあるのですが、中でも、ここに登場するクリストバルさんのことは、自分が愛用している巻きスカートを織っている方なので、会いたかった方に会えたような気持ち!なんだか感動です。
あちらは現在雨季なんだそうですが、写真では雪?も所々残っているようにみえますね。



雨が降った後でぬかるんでいたので、車で進めるところまで車で行き、残り30分ぐらいは徒歩になりました。ゆっくり歩いたのでそのくらいかかったかと。
4500Mで思わず登山でした。途中、野性のウサギのようなものがいっぱいいました。
しっぽがくるんと丸まっていてかわいいのです。
行きは下りでなんとかなりましたので私が豊をおぶって歩きましたが、帰りは登りで、やはり重力に逆らって歩くのは大変だったので、途中からつくり手のクリストバル(ショール、マフラーを織っている)に豊を背負ってもらって歩きました。
帰り道に小雨が降り始めましたが、何とか車に戻るまで、本降りにならずにすんで助かりました!(落合さん談)










 ここはクリストバルの父親たちの家で、クリストバル含め子供たちは順番にこの家にも住んでアルパカの放牧を分担しているようです。クリストバルの家はもっと遠いところにあるということでした。
クリストバルはララケリ村というもう少し大きな村にも家を持っていて、そこで織りの作業はするそうです。
放牧をするために山奥の山奥に住む家と、子供たちを学校に行かせたりするために、村にも家を持つというスタイルがこの地域ではよくあることらしいです。
水曜日に大地の神様にアルパカを飼わせてもらっていることを感謝するお祭りを親戚で集まってするのだと言っていました。
そのタイミングで行けたらベストでしたが、、、  (落合さん談)



今日もアルパカのセーターを着ています。
クリストバルさんの織った巻きスカート、巻いた瞬間からあたたかいの。
ほんとうにありがとう!!


落合さん、ペルーを出て今はボリビアにいらっしゃる様子です。
ボリビアではどんな日々を送っているのでしょうか。
落合さんの行動力、実行力を心から尊敬しています。
そして感謝しています。
こちらはおかげさまで大寒の今日もあたたかく過ごしていますよー!


2017/01/08

PUENTE展 体をあたためるアルパカのニット

あたらしい年のはじまりは冬の定番PUENTEさんから。
きのうはにぎやかな幕開けとなりましたが、今日はあいにくの空模様。
明日の成人式は、晴れ着が映える青空になりますように。
表のマンション建設のため、現在臨時駐車場を用意していますが、土を入れたばかりで雨があがってもしばらくはぬかるんでいるとおもわれます。お車はなるべく店の前、今まで通りのコンクリート部分に駐車してください。狭くて駐車しにくく、申し訳ありません。












新作カシュクールカーディガン。
同系色で合わせるのがおしゃれでしたよ。

新色の白のロングニットコート。
暗くなりがちな冬のコート、ぱっと明るく素敵です。


実はPUENTEの落合さん、今は地球の裏側ペルーのプーノに滞在中。残念ながら今回は在店はできないのだけれど、昨日元気そうなメールをいただいて、遠く離れたペルーで過ごす落合さんのぶんもこの展示会でより多くの方にプエンテの魅力をお伝えしたいなぁ、とおもったのでありました。
1月いっぱいPUENTE展はつづきます。(水曜日はおやすみです。)
みなさまのお越しをお待ちしております。

2016/12/24

年末年始の営業について。

今日はクリスマスイブ。
みなさま、どのような時間をおすごしでしょうか。
子どもたちの成長とともに、クリスマスよりはお正月が気がかりな今日この頃です。
仁城さんの展示を無事に終え、2016年のイベントも後は恒例30日の餅つきを残すのみ。
年末に向けて、ちょっと崩れかけている体調を整えつつ、新しい年を迎える準備をしようと思います。

年内は29日まで。年明けは1月7日よりオープンです。
30日、お餅つきに興味のある方はどうぞ覗きにいらして下さい!(29日夕方、30日は店内のものをみていただける状態ではない場合もあると思います。。帰省の方、ご旅行予定のみなさま、申し訳ありません。)

年明け7日より、PUENTE展 体をあたためるアルパカニット の展示を開きます。
今年はあたたかい日が多いですが、やわらかなアルパカを身に付けていると、ほっこり気持ちがいいです。
靴下から毛糸のパンツ、レギンスまで、インナー類も充実のラインナップです。ぜひお気に入りをみつけにいらして下さい。



PUENTE展 体をあたためるアルパカのニット

2017.1.7(土)〜1.31(火)


PUENTEのニットは、保温性が高くやわらかなアルパカの毛糸を使用し、遠くボリビアとペルーでつくられています。
そのすべてが手編みや手織り。
丁寧な手仕事とやさしい風合いが魅力です。靴下、長さや厚みが選べるレッグウォーマーにレギンスと、足下からあたためてくれるアイテムが充実しているのもうれしい。
ロングコート、カーディガン、セーター、ワンピース、巻きスカートや帽子、手袋などの定番にあわせ、新作の手紡ぎ手織りのショールとマフラー、カシュクールベスト、真っ白靴下もおすすめです。
あたらしい年のはじまり、心やわらぐアルパカのぬくもりとともにお待ちしております。




2016/12/11

仁城義勝 逸景 木の器展

12月10日より、今年最後の展示会がはじまっています。
今年で7回目となる仁城さんの展示。私自身が心底惚れ込んでいますので、年々愛用してくださる方が増えていること、すこしずつ買い足すことを楽しんでいただけていること、どちらもが心底うれしいのです。使い勝手のよさをやや力説しすぎて反省することもしばしば。。ついつい力が入ってしまうことをお許しください。

初日、今日と足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました。






えみおわす展でも販売した、海の子かぞくの海藻も販売しています。
志摩半島産の天日干しのひじき、あらめ、わかめ、めひび、あおさ。どれも栄養満点です。

あしたから少しお天気が崩れるようですが、20日まで会期は続きます。
まだまだ見応えがありますので、ゆっくりと実際に手に取って選んでいただけるとうれしいです。
今週末から最終日まで(17、18、19、20日)逸景さんがいらっしゃいます。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。